スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの箱/ 中野裕弓

3つの箱―人生が一瞬で変わる思考整理術3つの箱―人生が一瞬で変わる思考整理術
(2009/06/25)
中野 裕弓

商品詳細を見る


とにかっく度★★★

最近3つの数にこだわるビジネス書がブームです。
  □3つの真実/野口嘉則
  □考え・書き・話す3つの魔法/野口吉昭
  □3つの箱/ 中野裕弓

そこで今回読んだのは、Romiさんこと元世界銀行 
人事カウンセラー中野裕弓さんの「3つの箱」

人は自分では気づかずにあるパターンの中に住み着いてるという仮説です。
その住み着いたパターンのことを”箱”という定義で視覚化しています。
中野さんによると、箱のパターンは3種類あるということです。

  ・第1の箱: 依存型
  ・第2の箱: 自立、独立型
  ・第3の箱: ネットワーク型

そして人は、自己成長とともに「第1の箱」→「第2の箱」→「第3の箱」と
自分の箱を住み替え、人生のステージアップを実現します。

この本は前半で、それぞれの箱の説明があり、後半はその箱からの脱出方法が
述べられています。

つまり、前半で自分が今現在いる箱の種類がわかります。
そして後半で、そこからの脱出方法を学びます。

箱のメタファーですが私の場合は次のように考えました。

  ・第1の箱: 思考停止の箱
  ・第2の箱: 自己主張の箱
  ・第3の箱: 利他主義の箱

最後にエピローグのRomiさんのメッセージの冒頭をご紹介します。

  時代の流れは不可逆的で、後戻りすることは出来ません。
  つまり、インターネットのない世界にはもう戻れないのであって、
  第1の箱から第3の箱へ時代の潮流が変わっていくことを誰も
  止められないのです。・・・・・・


読書後の「とにかっくやってみなはれ」
どうやら私は第2の箱と第3の箱を行ったりきたりしているようです。

  第2の箱にいる人の最初の課題は”コミュニケーションを工夫する”ことらしい。
  会話の中に「パーソナルタッチ」を増やすこととのご指摘です。
  パーソナルタッチとは、会話の中に「個人の情報のセンスのいい開示」を
  くわえることとのこと。

「とにかっく読書BLOG」はセンスのいい開示ができているだろうか?
お気づきありましたら、ご助言をお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

tonikac

Author:tonikac
2007年より読書にはまっています
カメさんリーディング実践中
琵琶湖のある滋賀県在住
196□年生まれ男性 妻子あり

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。