スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リチウムイオン電池物語 /吉野 彰

リチウムイオン電池物語―日本の技術が世界でブレイク (CMC books)リチウムイオン電池物語―日本の技術が世界でブレイク (CMC books)
(2004/09)
吉野 彰

商品詳細を見る


とにかっく度★★★

iPod、携帯電話、モバイルノート、そしてi-MiEV
まで、リチウムイオン(二次)電池は今、注目の的だ。

これらは、エネルギー密度が非常に高く、起電力が4.2Vと非常に高い
リチウムイオン(二次)電池があってこそ、世に登場した製品である。
そんな、リチウムイオン(二次)電池の誕生は、ほんの25年ほど前にすぎない。

そんな、リチウムイオン(二次)電池の生みの親、吉野彰さんが、
自身のリチウムイオン(二次)電池発明の格闘の日々を、面白おかしく語ります。

吉野さんは、巷ではノーベル化学賞候補とも、言われているらしいのですが、
本書の中では、常にユーモアたっぷりで、前途多難の日々こそを楽しめる、
とっても独創的で楽天的な、その魅力的な個性が輝きます。

また、面白おかしく本書を読み終わった後は、知らぬ間に、
リチウムイオン電池の知識たっぷりで、ちょっと自慢ができたりします。

 「リチウムイオン(二次)電池って、負極に特殊なカーボンを使ってるらしいよ。」
 「従来のリチウム電池と違って金属リチウムを使用しないので破壊しても
 安全なんだってさ・・・・」

さあ、あなたも本書を、読みますか?


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」  
第12章100万分の1のバラより

  ひらめきの生存確率
世界に流通する独創的な新規商品、新規事業を開発できる成功確立はどれくらいであろうか?
思いつき、ひらめきといったアイデアの段階から実のある成果、すなわち企業収益貢献や社会的
貢献にまでつながる確率は100万分の1程度ではないかと私は思う。
この100万分の1という確率は高いのだろうか、低いのだろうか。


吉野さんは言います。
  例えば10分の1の確率ならどうだろうか?期間は2ヶ月、できそうな気がしませんか?
  10分の1の確率を6回続ければ、100万分の1ですよ。



天性のポジティブシンキングですね。
その根拠の無い、未来への信頼感こそが、ささいな偶然のすべてを
幸運な出来事へと塗り替える、究極の秘訣なのかもしれません。

”カメさんリーディング”実践中です。

スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

とにかくやってみなはれ 西堀栄三郎語録 /西堀岳夫

とにかく、やってみなはれとにかく、やってみなはれ
(2009/08/29)
西堀 岳夫

商品詳細を見る


とにかっく度★★★

「とにかくやってみなはれ、やるまえから諦める奴は一番つまらん人間だ!」

西堀栄三郎さんをご存知ですか?

第1次南極越冬隊の隊長であり、日本初の量産真空管「ソラ」の発明者であり、
統計的品質管理手法を日本の産業界へ持ち込んだ人であり、
そして、あの名曲「雪よ岩よ、我ら~が宿り」の「雪山讃歌」の作詞者でもあります。

本書は、そんな西堀栄三郎さんの、飾らない言葉の数々を集め、
13のテーマにそって、まとめられたものです。

その中より、西堀栄三郎さんの素敵なフレーズを紹介すると、

   ・困難が目の前に現れたとき、その困難を大いに味わってみよう
    と言う気持ちがなければいけない。

   ・私なんかはむしろ「ことあれ主義」の人間かもしれません。

   ・文句を言ってもしょうがない。もし何か文句を言いたけりゃ、自分で考えろ。

   ・この非常識という言葉は非常に大切なのです。創造性と言うものは今まで
    考えたことも経験したこともない新しいことをやるのですから、
    一大飛躍が絶対に必要です。

   ・能率というのは、目的を果たしながら、最も要領よく手を抜くことである。

   ・個性を認めると言うことは、同時に欠点を認めることであり、欠点を認めると
    言うことは、その欠点が長所になり得ると判断することである。

などなど、

そして、数々のエピソードから、とても個性的で、創造的で、探究心にあふれた、
そんな飾らないひとがらを感じます。
ほんとうの勇気について、考え実践し、また伝えることのできた、大切な人だと思います。

   
読書後の「とにかっくやってみなはれ」] 
「決してあきらめない」それが3年前(2006年頃)の私のテーマでした。

そして西堀栄三郎さんの「とにかくやってみなはれ・・・・・」この言葉は、当時の
私の心の中で、独り言のように毎日リピートしていた大切な言葉です。

そしてなにより、本ブログのデテールは、もちろんそんな西堀栄三郎さんの
熱い言葉にちなんだものとなっています。

ですので、[とにかっく読書BLOG]では、これからも
そんな熱い一冊との出会いを取り上ゆきたいと思っています。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

イタリア食堂「ラ・ベットラ」のシークレットレシピ/ 落合 務

イタリア食堂「ラ・ベットラ」のシークレットレシピ (講談社のお料理BOOK)イタリア食堂「ラ・ベットラ」のシークレットレシピ (講談社のお料理BOOK)
(1999/11)
落合 務

商品詳細を見る


とにかっく度★★★★

これ、10年前に買った本です。でもその時の衝撃が未だに忘れられません。
当時、日本一予約困難なイタリア料理店といわれた「ラ・ベットラ」
のほんもののシークレットレシピです。

もちろん、東京にそんなややこしいイタリア料理店があるなんてことは、
まったく知りませんでした。
(その後、落合さんはテレビなんかでも良く拝見しましたが・・・)

私の場合、そもそも料理とかほとんど出来なかったのですが、その当時
ブームも有り、オートキャンプとかに結構はまってしまっていました。
それで、キャンプ関連のお料理レシピとかを参考にして作っていたのですが、
いまいち、納得した味になりません。

特にスパゲッティーですが、何回作ってもイタリア料理店で食べるあの
味にはならないのです。
さまざまな香辛料を揃えて、使ってみたりもしたのですが全然だめでした。
エクストラバージンオイルをつかっても全然だめです。

そんなときに出会ったのが、落合務さんのこのシークレットレシピです。
そこには、おいしく作る秘密が、本当に秘密が、おしみなく記されていました。
疑い半分そのとおり、作ってみると、今までの自分の料理とまったく違う
ほんもののスパゲティーが作れたのです。

ほんとうに、感激しました。うれしかったです。

それまで、世の中に出回っていた料理本には、材料とか分量とかは書いて
いても、なぜそうするのか、その料理の勘所はどこなのか、そんなことが
書かれているものは、見たことがありませんでした。

さらに、この本ですがすごくクールでかっこいい編集に出来上がっています。
写真の割付やレイアウトも含めて、イタリア食堂「ラ・ベットラ」のリズム感や
躍動感がリアルに伝わってくる感じです。


読書後の「とにかっくやってみなはれ」
憧れの「ラ・ベットラ」
結局、食事するチャンスがないままです。
Webで検索してみると、いまでもすごい人気店です。
こうなれば、戦略的東京出張を作るしかないか!

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

すべては宇宙の采配 /木村秋則

すべては宇宙の采配すべては宇宙の采配
(2009/07)
木村 秋則

商品詳細を見る


とにかっく度★★★

この人はいったい本気なのか冗談なのか不思議な方です。
ひょっとしたら、仏陀かキリストの生まれ変わりかもしれません。
そんな気にさえさせられます。

常識的な側から見れば、「そんなんありえへんで~」と言うことを
次から次へとご体験されています。
まさに2009年プロフェッショナルカミングアウト大賞じゃないでしょうか。

それにしても、お人柄が、とっても素朴で、真面目で、無欲で、
それでいて、人生に対しては、がむしゃらにそして、
真摯に向き合っておられます。

職業の農業においては、常識にとらわれず、自然と対峙し、
科学的手法を積極的に取り入れ、粘り強く、実験を積み上げられています。

木村さんの取り組まれている無農薬・無肥料栽培こそは、きっと
閉塞感でいっぱいのこの日本の空気を変える、そのきっかけになって
くれそうな、なぜかそんな予感がします。

元気をもらえる本です。木村秋則さんありがとうございました。


読書後の「とにかっくやってみなはれ」
「奇跡のりんご」
それは既に実現した今の視点からみた場合の心地よいラベル付けだと思う。
実現できるかどうかさえ解らない、そんな不安な境遇を、なぜ木村さんは
乗り越えられたのだろうか?

あきらめないとはどういうことか?
考えて、考えて、考えて、考えて、とことん考え抜く。
そんな今宵を私は覚悟します。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

tonikac

Author:tonikac
2007年より読書にはまっています
カメさんリーディング実践中
琵琶湖のある滋賀県在住
196□年生まれ男性 妻子あり

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。