スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仕組み」思考術/泉正人

  あけまして
  おめでとうございます!

  ワクワク読書してますか?

 食いしん坊の愛犬(老犬)が、年末よりほとんど食事を、取れなくなりました。
 お別れが近いかもしれません。まだ少し、胸の奥がざわざわしています。


気をとりなおして、さて今日は
「仕組み」思考術「仕組み」思考術
(2009/07/01)
泉正人

商品詳細を見る

とにかっく度★★★★

本書の中で「自己意識」というキーワードを紹介されています。
この「自己意識」というフレーズがとても新鮮に思いました。

たぶん泉正人さんのオリジナル命名なのでしょうか。
パワフルで、深みのあるメソッドを、とてもシンプルに表現していると思います。

泉さんは「自己意識」について、次のように述べられています。

  私は、この「すべては自分に原因があり、何が起こっても自らの責任ととらえ、自分の
  行動をコントロールしていく」という考え方のことを「自己意識」と呼んでいます。

   (中略)

  自らの目の前で起こっていること(問題)は、「すべて自分自身が起こした結果である」
  と考えると、解決策を見つけだすことができるのです。

   (中略)

  他人に依存するのではなく、自分自身で問題解決の道を探そうと考え、実現に向かって
  一歩でも前に進んでいこうという姿勢、これが「自己意識」です。


つまり、他人のせいにしないで、すべての現実を受け入れるということだと
思うのですが、「自己意識」と命名することで、未来に対して、自分でコントロール
することができるという意図が明確になると思います。

同じような意味の言葉に「自己責任」がありますが、こちらは起こってしまった
過去に対して、批判するイメージとなります。
自己正当化のために他人を批判する、責任転嫁するイメージですよね。

「自己意識」とは
     自分で考え
     自分で決断し、
     自分で責任をとることだと思う。

つまり、
     現実をあるがままに受け入れ、
     今ここから、何ができるか、逃げずに向き合う。

よって、「自己意識」を実践すると、
     善い事も、悪い事もすべてを、自分の人生としてしっかりと味わうことで
     自尊心が満たされ、未来が拓ける人生となるのかもしれません。

「自己意識」を実践するコツがあげられていますのであわせて紹介します。

  ①人のせいにしない。あらゆる問題は自分でコントロールできると信じる。

  ②変えられるもの、変えられないものを見分ける。

  ③いま置かれている状況をありのまま受け止める。

  ④過ぎ去ったときを振り返って後悔しない。

  ⑤ネガティブな考え方をやめ、できる方法を探す。



「自己意識」の4文字に、多くの自己啓発書に書かれている根本思想が、凝縮されて
いると思いました。シンプルでパワフルなキーワードです。


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」

不満や、愚痴や、泣き言って、無意識についポロリと出てしまいます。
でも大丈夫

今日からは、
不満や、愚痴や、泣き言の自分に気づいたら
「自己意識」の4文字をマントラのように唱えます。

あなたも、一緒にはいどうぞ!

   「自・己・意・識」 
       ~
   「自・己・意・識」
       ~
   「自・己・意・識」


”カメさんリーディング”実践中です。

ご意見、ご感想ありましたら、
気軽にコメント頂ければうれしいです。

ご訪問ありがとうございました。
応援よろしくお願いします。




スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

やればできる /勝間和代

 こんにちは!
 こんばんは!
 おはようございます!

 ワクワク!読書してますか?


さて今日は、
やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力
(2009/12/04)
勝間 和代

商品詳細を見る


とにかっく度★★★

やればできるかどうか、階層分けして考えてみたらどうなるか?
たとえば次のa~dに、階層を分け考えました。

 a やることを選択した  →  やったらできた
 b やることを選択した  →  やったけどできなかった。
 c やらないことを選択した。 →  成果なし
 d 選択することをあきらめた。 → (敗北感・妬み・被害者意識?)

本書「やればできる」は上記のaの階層をめざす人への指南書だと思います。
本書ではそのために必要な力(スキル)をつぎの4つにまとめています。

  1.しなやか力 
      ↓
  2.したたか力
      ↓
  3.へんか力
      ↓
  4.とんがり力

P・D・C・Aサイクルのことかと思いましたが、少し違いました。
とんがり力は、”アガリ”のような位置づけです。
しなやか力で現状把握して、したたか力で実行して、へんか力で付加価値つけて、
とんがり力で一気に飛躍することと理解しました。

ここからが本題です。
また本書のサブテーマとしましては、香山リカさんの「しがみつかない生き方」
への勝間流解答という位置づけとのことですが、こちらはちょっと、論理構築に
無理がある、そんな気がしました。

香山さんの著書は、上記d階層の”選択することをあきらめた。”層への励まし
になるのでしょうか?
例えば、その場合、勝間さんの推奨する3毒追放(妬む・怒る・愚痴る)は確かに
難しいかもしれません。その点は勝間さんに賛成です。

では上記のb階層やc階層の人たちはどのように考えればいいのでしょうか?
b階層やc階層のひとたちのビジョンのあり方を、見えるようにしなければ、
d階層の人たちのこころに響くことは無いのではないでしょうか?
この点はちょっと残念です。

読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」
本ブログのタイトルは西堀栄三郎さんの次の言葉をお借りしています。

  「とにかくやってみなはれ、やるまえから諦める奴は一番つまらん人間だ!」

かっこ悪くてもいいと思う。
みっともなくてもかまわないと思う。
自分で決めて、ひたむきにとにかくやってみる。

その結果、できても、できなくても、
どちらも輝いた人生となるんじゃないでしょうか?

  ”カメさんリーディング”実践中です。

ご意見、ご感想ありましたら、
お気軽にコメント頂ければうれしいです。

ご訪問ありがとうございました。
応援よろしくお願いします。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

強く生きる言葉 /岡本太郎

強く生きる言葉強く生きる言葉
(2003/04)
岡本 太郎岡本 敏子

商品詳細を見る


とにかっく度★★★★

この酒を飲んだら、
死んでしまうと思って飲め!
乾杯!!

岡本太郎さんは乾杯の音頭で、そう言ってたらしいです。
茂木健一郎さんの公開mp3で知りました。

生きること、瞬間瞬間すべてが、そのまま岡本太郎さんの
メッセージです。痛々しいまでに真剣に生きた、奇跡の
ような純粋さを持った人だと思います。

本書の、言葉のひとつひとつ、すべてが緊張感の連続です。
どこを抜き出しても、ありありと、岡本太郎のエネルギーを感じます。

本書は、岡本太郎の言葉を、1ページに1メッセージとして記載され、
ボリュームは小さいですから、今ですとさながら、ツイッター感覚で読
み進められるのではないでしょうか。
そしてきっと、ハートをわしずかみされる瞬間があるでしょう。

私の場合、
怒りでお腹が煮えくりかえったり、
くだらない悩みが、頭からはなれなかったり、
何故かブルーな気分から抜けだせないとき、

本書を取り出しては、
 「エイヤ!」
 「これでもか!」
 「もうひとつ!」

とまず3箇所ほど、メッセージを開けます。
すると、くだらないことに執着していた自分が
ばからしく思えてくるから、ほんとうに不思議です。

決断に迷ったときに、思考と感情が交錯するときに、
まず深呼吸をし、本書を静かに手にとりましょう。
岡本太郎は絶対に、あなたを裏切らないと思います。


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」
岡本太郎も言っている。「とにかくやってみなはれ」と

  才能
よく、あなたは才能があるから、岡本太郎だからやれるので、
凡人にはむずかしいという人がいる。
そんなことはウソだ。やろうとしないから、やれないんだ。
それだけのことだ。


胸の奥から勇気が湧いてきます。

"カメさんリーディング"実践中です。

「成功」と「失敗」の法則 /稲盛和夫

「成功」と「失敗」の法則「成功」と「失敗」の法則
(2008/09/13)
稲盛 和夫

商品詳細を見る


とにかっく度★★★★

まるで武道の達人のような気迫を感じます。

稲盛さんはきっと、いまどきめずらしい、筋金入りの頑固じいさんです。

「ラストサムライ」とは、ほんとうは
稲盛和夫さんのことかもしれません。

本書はそんな、稲盛さんの人生の哲学が、
たったの1,000円でたっぷりと堪能できます。

それは、まるで明治維新にタイムスリップし、
西郷隆盛の説教を聞いているかのような体験です。

またある瞬間は、ジェームス・アレンの「原因と結果の法則」を読んでいるような
不思議な時間の流れを感じます。奥のふか~い一冊です。

なお、本書は次の4章より構成します。
 
   第一章 人生の目的

   第二章 思いの力

   第三章 自らを慎む

   第四章 道をひらくもの

第一章から 起・承・転・結 ときれいにまとまっています。

本書より「グサッ!」ときた研ぎ澄まされた
言葉を少しご紹介すると、

   心のあり方次第で現実の世界に
   極楽も地獄も出現するのです。

   人格というものは「性格+哲学」という式で
   表せると、私は考えています。

   純粋で気高い思いには、
   素晴らしいパワーが秘められている


どれも、これも
すごいエネルギーの塊だ!


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」

あとがきより抜粋します。

人生における「真の成功」とは、この世に生まれたときより、少しでも美
しく善い人間となれるよう、その魂を高め、浄め、磨き上げていくことに
あると、私は信じている。


変にものわかりのいい、じいさんよりも、私の場合は
頑固じじいに憧れます。

"カメさんリーディング "実践中です。


テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

ピンチをチャンスに変える51の質問 /本田健

ピンチをチャンスに変える51の質問ピンチをチャンスに変える51の質問
(2009/07/08)
本田 健

商品詳細を見る


とにかっく度★★★★

本田健さんの本には、いつも勇気をもらえます。

特に私のお気にいりに、「きっとよくなる!」「きっとよくなる!2」
の2冊があります。

本書は、その2冊のエッセンスを引き継ぎ、凝縮したメッセージがこめられた
お得な一冊です。

各エッセイのタイトルは、まるでコーチングを受けているような、質問形式に
なっています。

ふだん、こころのどこかで気になってるけど、
忙しさの中で後回しになっている
大切なことって誰にでもありますよね。

その大切なことを、思いださせてくれる、心に触れる
あたたかな質問がつぎつぎと並んでいます。

エッセイ形式ですし、ボリュームもコンパクトですので、隙間時間を
利用して、あっとゆう間に読了できるのですが、
例えば、1日1テーマずつ、静かに自分と向き合って、
じっくりと、取り組んでみるのも、いいかもしれません。

また、常時手元に携帯し、迷ったときや落ち込んだ時、
「エイヤ!」とページを開ければ、そこにきっと、
ピンチを乗り越えるための、ヒントが見つかると思います。

まさに、ピンチをチャンスに変える、気づきの一冊です。


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」

本書の巻末に本田健さんのオススメ本リストが添付されています。
このリストがたいへんありがたいです。

本田さんのお気に入りの本や、応援されている本や、ご友人の本など
(勝手な推測ですが・・・)34冊が紹介されています。

ちなみにその中で、私が既に読んだのは16冊でした。
未読の本も、少しづつこれから取り組んでゆきたいと思います。

”カメさんリーディング”実践中です。

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

tonikac

Author:tonikac
2007年より読書にはまっています
カメさんリーディング実践中
琵琶湖のある滋賀県在住
196□年生まれ男性 妻子あり

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。