スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジ・マネージメント/本田直之

  こんばんは!
  おはようございます!

  ワクワク読書してますか?



さて今日は
レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』
(2009/01/16)
本田 直之

商品詳細を見る

とにかっく度★★★★

本書は、本田直之さんのレバレッジシリーズの中では地味な存在のようですが、
経営コンサルタントとしての本田さんのど真ん中のテーマであり、他のレバレッジ
シリーズとは一線を画する、力の入った密度の濃い内容となっています。

本書以前のレバレッジシリーズが自己啓発ノウハウの開示だったのに対し、
本書では、経営者としてのレバレッジ思考の生かし方が語られます。

経営者でなくとも、経営者の視点に気づくことで、よりレバレッジのかかった
仕事のすすめ方が可能になると思いました。

そういう意味で、本書はとても興味深く読むことができましたが、内容が
多岐にわたり、またそれぞれが、過不足なく丁寧に語られていますので、
何回も読み返す価値があると思います。

他のレバレッジシリーズとちがって、出し惜しみ感や、また読者にこびた感じがありません
ので、そっけない感じもしますが、私のようなひねくれさんには返って好感がもてました。


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」

本書は68個の”問い”で構成されています。
最初の問いと最後の問いに答えてみます。

Q1:考える時間の余裕はあるか?(経営者のレバレッジ)
  
 A(私): 以前は仕事に追い立てられていましたが、現在は
       無理やりでも、まず考える時間を確保するようにしています。
       結局その方が仕事の効率がいいようです。

Q68:自分が学んだことを活用できているか?(組織のレバレッジ)

 A(私): 学んだことを職場で生かす、それはなかなか難しいです。
       各職場には流儀がありますし、まずは、自分のことから
       少しずつ取り込んでいくイメージです。

”カメさんリーディング”実践中です。

ご意見、ご感想ありましたら、
気軽にコメント頂ければうれしいです。


ご訪問ありがとうございました。
応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

「仕組み」思考術/泉正人

  あけまして
  おめでとうございます!

  ワクワク読書してますか?

 食いしん坊の愛犬(老犬)が、年末よりほとんど食事を、取れなくなりました。
 お別れが近いかもしれません。まだ少し、胸の奥がざわざわしています。


気をとりなおして、さて今日は
「仕組み」思考術「仕組み」思考術
(2009/07/01)
泉正人

商品詳細を見る

とにかっく度★★★★

本書の中で「自己意識」というキーワードを紹介されています。
この「自己意識」というフレーズがとても新鮮に思いました。

たぶん泉正人さんのオリジナル命名なのでしょうか。
パワフルで、深みのあるメソッドを、とてもシンプルに表現していると思います。

泉さんは「自己意識」について、次のように述べられています。

  私は、この「すべては自分に原因があり、何が起こっても自らの責任ととらえ、自分の
  行動をコントロールしていく」という考え方のことを「自己意識」と呼んでいます。

   (中略)

  自らの目の前で起こっていること(問題)は、「すべて自分自身が起こした結果である」
  と考えると、解決策を見つけだすことができるのです。

   (中略)

  他人に依存するのではなく、自分自身で問題解決の道を探そうと考え、実現に向かって
  一歩でも前に進んでいこうという姿勢、これが「自己意識」です。


つまり、他人のせいにしないで、すべての現実を受け入れるということだと
思うのですが、「自己意識」と命名することで、未来に対して、自分でコントロール
することができるという意図が明確になると思います。

同じような意味の言葉に「自己責任」がありますが、こちらは起こってしまった
過去に対して、批判するイメージとなります。
自己正当化のために他人を批判する、責任転嫁するイメージですよね。

「自己意識」とは
     自分で考え
     自分で決断し、
     自分で責任をとることだと思う。

つまり、
     現実をあるがままに受け入れ、
     今ここから、何ができるか、逃げずに向き合う。

よって、「自己意識」を実践すると、
     善い事も、悪い事もすべてを、自分の人生としてしっかりと味わうことで
     自尊心が満たされ、未来が拓ける人生となるのかもしれません。

「自己意識」を実践するコツがあげられていますのであわせて紹介します。

  ①人のせいにしない。あらゆる問題は自分でコントロールできると信じる。

  ②変えられるもの、変えられないものを見分ける。

  ③いま置かれている状況をありのまま受け止める。

  ④過ぎ去ったときを振り返って後悔しない。

  ⑤ネガティブな考え方をやめ、できる方法を探す。



「自己意識」の4文字に、多くの自己啓発書に書かれている根本思想が、凝縮されて
いると思いました。シンプルでパワフルなキーワードです。


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」

不満や、愚痴や、泣き言って、無意識についポロリと出てしまいます。
でも大丈夫

今日からは、
不満や、愚痴や、泣き言の自分に気づいたら
「自己意識」の4文字をマントラのように唱えます。

あなたも、一緒にはいどうぞ!

   「自・己・意・識」 
       ~
   「自・己・意・識」
       ~
   「自・己・意・識」


”カメさんリーディング”実践中です。

ご意見、ご感想ありましたら、
気軽にコメント頂ければうれしいです。

ご訪問ありがとうございました。
応援よろしくお願いします。




テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

働かざるもの、飢えるべからず。/小飼弾

 こんにちは!
  こんばんは!
 おはようございます!

 あなたもワクワク!してますか?


さて今日は、ちょっと興奮気味です。
それはコレ! ↓↓↓
働かざるもの、飢えるべからず。働かざるもの、飢えるべからず。
(2009/11/26)
小飼 弾

商品詳細を見る

とにかっく度★★★★★

あなたはご存知でしたか?

   ”ベーシック・インカム”という概念


今この日本に蔓延する、やるせない閉塞感に、本書は正面突破を挑みます。

彼は、平成の坂本竜馬か?

知識と哲学とITに身を包み、彼、小飼弾さんは、
この複雑で不公平な世代間システムの変革へ、
本書で、発想の大転換を宣言する。

熱く厳しく、そして愛にあふれた弾さんに、この本ではじめて気づきました。
本年度にもっとも衝撃を受けた一冊となりました。

まずは、あとがきより、

われわれのために社会があるのであって、社会のためにわれわれがあるのではないのです。
だからこそ、社会がそうなっているかを、われわれは常に確認し、そしてそうなって
いなければ社会を「作り直し続ける」必要があるのです。(P342)



そして、失業している人は二重に罰せられている、といいます。

失業している人に「働かざるもの、食うべからず。」と言うのは、不当に罰し
ていることになります。職を得られないのはその人のせいとは言い切れませ
ん。なにか過失があったとしても、失業という形で代償を払っています。そ
のうえさらに「だめじゃないか」と言われて、何も与えられないというのは
二重の罰を与えられています。(P84)



そこでベーシックインカムを考えます。
ベーシックインカムとは、すべての人に生きるための最低限の保証を
しましょう、という概念です。

具体的には、例えば一人当たり月6万円をすべての人に支給するとかです。
この場合、4人家族なら月24万円になりますね。

じゃあ、源資はどうするのよ?と思いますよね。

          相続税=100パーセント

それが、彼の提唱する方法。
その理由は2つ 

       1.遺産がいちばん出すうえで痛みが少ない。

       2.お金持ちにお金が集まるプロセスは「フローがストックになる状況」なので、
         これを解決するためには逆向きの力のはたらき、つまり「ストックをフローにする」
        必要がある。

ふー(汗)
熱くなってきました。(笑)

ここまでを一旦整理すると、

            「働かざるもの、食うべからず。」 = これっておかしいんじゃない?

                                              ↑

              例えば、”ベーシック・インカム”ってどうよ?

                                              ↑

                         しかし、源資はどうするのよ?

                                              ↑

               お年寄りが使いきれずにつぶす財産があるんじゃないの?
               死んだら社会に返しなよ!



もちろん、デメリットもあると思います。
もしそんなことを実現するとなると、実際には、乗り越えなければならない壁は、
たくさんあると思います。大混乱です。
しかし、

□小子高齢化
□年金問題
□失業問題
□結婚しない?できない。
□勝ち組・負け組み
□貧困層の拡大
□閉塞感
□社会システムの複雑化(高コスト・低満足度)

など、すべてが解決できてしまう可能性もあるんですよね。

さて、あなたは、どのように考えますか?

今日現在、私はまだ頭が混乱しています。簡単には答えは出せません。
2010年には、日本で活発に議論されるテーマとなる気がします。

読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」 53

もしも、ベーシック・インカムが導入されたら、

  ・食べるための仕事にしがみつく必要は無いですね。

  ・みんなやりたい仕事を探すでしょう。

  ・起業したり、芸術家をめざしたり、面白いことが出来そうですね。

  ・反対に、企業も気兼ねなく、雇用をカットできますね。

  ・雇用の流動化・適正化が進むでしょう。

・地域活動、なんかにも積極的に参加できますね。

  ・定年とかあんまり意味がなくなりますね。自分で決めればいい。

  ・子供をたくさんもうけても安心ですね。

  ・お金をためる必要が小さくなりますね。景気がよくなる?

  ・離婚とか増えるかもしれませんね。

  ・成人したら、親のすねかじらなくてもやっていけそうですね。


いいことばっかりなんですけど・・・・(混乱)

    ”カメさんリーディング”365実践中です。



ご意見、ご感想ありましたら、
気軽にコメント頂ければうれしいです。

ご訪問ありがとうございました。
応援よろしくお願いします。





テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

質問で学ぶシンプルコーチング/マツダミヒロ

 こんばんは!
 おはようございます!

 ワクワク!読書してますか?


サンタさんへのお願いを、いまさら変えるなよ! 小1の息子。
さて、あなたへサンタさんは、やってきますか?


はい今日は、
質問で学ぶシンプルコーチング質問で学ぶシンプルコーチング
(2007/06/21)
マツダ ミヒロ

商品詳細を見る


とにかっく度★★★

15分で読めるコーチングの本。
挿絵がすごくかわいくて、絵本のように楽しめます。

本の中身は31のテーマです。

各テーマは、あくまでシンプルに

  4こま漫画 + ポイント説明 + 質問エクササイズ

となっていて、
でも、ドキ!とする質問がでてきたりして、結構楽しめます。

大人として、大切なこと。
職場や、生活の中で、忘れかけていた、大切なこと、
もう一度、軌道修正してみませんか?
そんな、きっかけがもらえる本です。

社会人になって、職場にも少し慣れてきたけれど、
ほんとうに、自分のやりたいことは何だろうか?とか、
描いていた、理想とのギャップとかが、苦しかったり
することもあるでしょう。

さあ、お正月休みにでも、本書で心の中をエクササイズしてください。
時間は15分で大丈夫ですから・・・


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」
31のテーマからひとつだけご紹介  

   信頼-相手を信じて頼ること

相手に自分のことを理解してもらいたい!
自分が要求したことを受け入れてもらいたい!
と思っていたとして、様々なテクニックを使ったとしても
相手は動こうとはしない。

そこに信頼がない限り。

信頼があれば、
相手との心のパイプは太くなる。

信頼を得るためには、
相手を受け入れること。
相手の話を聴くこと。

相手を認めることで、
信頼は高まっていく。


 ドキ!っとしませんか?

”カメさんリーディング”実践中です。

ご意見、ご感想ありましたら、
気軽にコメント頂ければうれしいです。

ご訪問ありがとうございました。
応援よろしくお願いします。


テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

アサーティブ「自己主張の技術」/大串 亜由美

 こんばんは!
 おはようございます!

 ワクワク!読書してますか?



こちら(滋賀)は、急に風びゅーびゅーで寒くなりました。
あなたの街は大丈夫でしょうか?

さて今日は、

アサーティブ―「自己主張」の技術 (PHPビジネス新書)アサーティブ―「自己主張」の技術 (PHPビジネス新書)
(2007/07/19)
大串 亜由美

商品詳細を見る

 

とにかっく度★★★★

アサーティブ・コミュニケーションをご存知ですか?
アサーションともいいますね。

言えないこと、言いにくいこと、ありますよね。
そんなとき、あなたならどうしますか?

私は、結構我慢して、言えずにいたりすることが多かったです。
その場合、もちろん、不満がたまります。
ついつい自己正当化したりすることも、多かったと思います。

そして、アサーションという概念を知ったとき、雲空が晴れる思いがしました。
テクニックとかじゃなくて、コミュニケーションの本質を見つけられました。
それからは、コミュニケーションの場面で、すごく気分が楽になりました。

職場でも、妻にでも、言いにくいたいていの事が、今では緊張せずに
冷静に、言えるようになりました。

それでは、アサーティブ・コミュニケーションとは、なんなのか?

一言で言うと、
自分も相手も大切にした自己表現のこと。

アサーティブとは、協調的で発展的な自己主張の方法です。
相互尊重のコミュニケーションスタイルです。
自分も大事にし、相手も大事にする「WIN-WIN」の関係です。

そんなの、難しいでしょと思う方は、是非本書を手に取ってみてください。

各章は

 第一章 そもそも「アサーティブ」って何?

 第二章 「言う」技術-苦手意識の原因がわかれば、言える。

 第三章 「伝える」技術-伝わらない理由、伝えるスキル

 第四章 相手を「知る」技術-相手のタイプを掴んで”相手目線”を磨く

 第五章 「GIVE&TAKE」 から 「GIVE&GIVEN」 へ

第四章ではアグレッシブな人とアサーティブに会話する方法や、パッシブな人を
アサーティブに動かす方法や、上司のタイプ別対応法など、具体的な対処法も
満載です。

第五章ではGIVE&GIVENの紹介です。「GIVE&TAKE」を考えてた自分が
はずかしくなりました。勝間和代さんの「GIVEの5乗」と同じですね。


読書後の「とにかっく、やってみなはれ!」
本書は私にとっては目から鱗の本でした。

こういうコミュニケーションのスキルは、解ってる人から観たら、あたり前のこと
なんだろうけれども、気づく機会がないままに、年齢だけ大人になってしまって
いたりしがちです。
自分をメタ認知するのって意外と難しいですよね。

この本は2年前に出会った本です。
アサーションを知らなかったころを、今思い返すと、ああ恥ずかしい。
ようやく最近、ちょっと一呼吸置けるようになってきたかなと言う感じです。

アサーションの本としては他に、「アサーション・トレーニング」/平木典子などが
あります。こちらの本も、親切で解り易いです。たぶん平木典子さんが日本では
アサーションの第一人者じゃないんでしょうか?

  ”カメさんリーディング”実践中です。


改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために
(2009/09/16)
平木 典子

商品詳細を見る

ご意見、ご感想ありましたら、
気軽にコメント頂ければうれしいです。

ご訪問ありがとうございました。
応援よろしくお願いします。


テーマ : 書評
ジャンル : 本・雑誌

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

プロフィール

tonikac

Author:tonikac
2007年より読書にはまっています
カメさんリーディング実践中
琵琶湖のある滋賀県在住
196□年生まれ男性 妻子あり

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。